事故を引き起こす可能性がある

| 未分類 |

自動車は大変便利なものです。経済活動においては物流や商用車、タクシーなど、また身近なところでは移動手段としての自家用車など世には自動車があふれかえっています。ただ、メリットが大きい分、必ずデメリットがあるものです。自動車に乗る限り、運転しようとしまいと自分の不注意や体調不良によって引き起こす可能性もあれば、いわゆるもらい事故というものもあって、避けようがないとも申せます。時に人はそのことを忘れ、自動車を扱っている場合も多々あります。自動車を利用する際には必ずそうしたデメリットの部分が、いつ自分の身にふりかかってくるか分からないものである、ということを誰もが認識しておかねばならないことでありましょう。これは自分が歩行者の立場でもそうですし、ただ日常の生活を送っている時でもそうです。自動車という存在がある以上は常につきまとう問題であると言えましょう。だからといって、自動車の存在を否定することなど誰にもできません。私達は知らず知らずのうちに自分が運転をしなくとも自動車から多大な恩恵を受けているからです。自動車は私達に大変なメリットを与えてくれるものであるからこそデメリットも大きい。そのことを私達は忘れてはならないのではないでしょうか。