移動範囲が広がる

| 未分類 |

誰もが憧れるマイカー。ですが、自家用車を持つにはそれなりの維持費がかかります。毎年かかる税金、一定期間ごとに掛かる車検代金、乗れば減ってしまうガソリン、場所によっては駐車場代金、何よりもその車本体を買う代金、あげればキリがありません。
しかし、その代金を払うだけのメリットが自家用車にはあるのではないでしょうか。まず、車があれば移動範囲がぐっと広がります。電車やバスなどの公共機関のように時間時間で動くわけでもないので、時間的な幅も広がります。サイズの小さな軽自動車でも4人、三列シートの大型ワゴン車ならば最大8人まで乗れるので、大人数で行動したい時にもとても重宝します。
そして、何よりも様々な荷物を積んで移動できることです。ある程度大きな荷物や重くて持ち上げるのが手間な荷物も、車があれば簡単に長距離を運ぶことが出来ます。万が一雨が降っても、濡れることはありません。
特に、公共機関がまだ十分に発達していない地方では、日常的な行動手段として自家用車が必須となっています。長距離移動が多い方や移動の時間が不規則な方、公共機関の駅やバス停まで距離がある方など、一度自家用車の購入を考えてみてはいかがでしょうか。