自動車のデメリット

| 未分類 |

自動車はいうまでもなく便利なもので、経済活動や個々の生活に欠かせないものだと考えている人が多いはずです。
しかし、デメリットもあるのです。
まず、保有することに関して、維持費がかかるという側面があります。
毎年、納めなければならない税金は区分によって変わってきますが、普通車の場合は最低でも3万円かかります。
2年に一度の実施が義務づけられている車検もありますし、もしもの時のために、任意保険、自賠責保険には必ず加入しておかなければなりません。
こういった費用に加え、持ち家でない方にとっては駐車場料金の支払いも大きな負担になります。
車は言うまでもなく便利なものですが、保有することによってかかる費用も考える必要があるのです。
そして、車社会という観点からみると、排気ガスによる環境問題が挙げられます。地球温暖化にもつながる可能性が指摘されており、抜本的な改革が急務となっています。
また、交通事故による被害も甚大です。ドライバー一人一人の持つ「事故を起こさない安全運転」という意識が大事なのです。
交通渋滞による経済社会への影響も懸念事項です。
こういったことも踏まえ、車の便利さを享受するだけでなく、車に関わる人が考えなければならない問題点もあるということを認識する必要があります。